アフターピル推進運動!先進国に遅れないための普及

アフターピルの避妊効果

アイピルとは沢山種類の存在するアフターピルの中でも知名度が一番高く有名であり、ピルは生理の調整やイライラ解消として効果が有るとされてますがアイピルの場合、それらの効力は発揮せず期待する事は出来ません。
生理自体をずらす事自体は可能なのですが、本来の用途目的としては避妊を失敗した際やコンドームのつけ忘れで膣内に射精をした時用に使う緊急時の避妊ピルです。
性行為の何時間後までなら対処できるとの疑問を持つ方が多いと思われますが、性行為後直ぐに飲む程に効果が得られる薬であり5日以内であっても避妊対策としては高い実力を持ってます。
一応、約72時間以内を効力が最大限に発揮出来る時間と考えそれ以上ともなると確率の問題となってしまいます。
但し、120時間までであれば効果は全く無いと言う訳では無いので遅くなっても妊娠確率を下げる為には服用をする事は無意味という訳では有りませんが、72時間の時間を限度として考えておくのが賢明な判断となるでしょう。

次にアフターピルは女性ホルモンの作用が大きくメカニズムに影響してきます服用のタイミングにより作用が異なってきますが、最終的には受精卵の着床を防ぎ避妊の成功が期待出来ます。
万一トラブルが起こった際の心強い薬として支持されてますが、低用量のピルと比較し強力な効能が発揮される反面に副作用が存在し最も多く報告されているのが吐気や腹痛や頭痛です。
薬である以上副作用が存在する事と発症してしまう事はしょうがないと考える事が出来ますが、あまりにも副作用が長時間に渡り続く様であれば医師に診断をして貰いましょう。
また入手方法については病院で受診して処方される方法と通販を通して購入する方法の2つが有り、病院で処方して貰う場合は各病院によって費用はマチマチで処方費用は一回の通院で1万円を超えてしまう事さえ有り得ます。
もっと安価で手に入れたいと思っている方には通販がお勧めです。
理由として病院からの処方を受けるよりも1回分として2000円から購入可能で誰にも知られず購入出来て通販の強みとして何時でも購入が可能な為仕事で忙しくて病院に行く暇が無いと言った方にも有り難いですね。
アイピルの購入方法として通販で注文をするという事が最も賢く費用をかなり抑えられ何時でも自分の側に常備出来る事から安心を手に出来ます。